火影忍者Naruto 第510話『意想不到的禁術』

 :: 鑑賞 :: 卡漫話題

向下

火影忍者Naruto 第510話『意想不到的禁術』

發表 由 萬歲秋 于 周三 9月 15, 2010 6:25 pm



意想不到的禁術
斑落入小南的紙中
斑想要使用時空忍術,但是被小南紙中的起爆符妨礙
小南 時空忍術好像失敗了呢 不只是放到你的身邊呢
(你在吸入自己的時候,必定會實體化,而且比吸入自身以外的東西要慢)
斑 放棄使用時空忍術了,不能從爆炸中脫身確實就危險了
(周圍全是起爆符...空間忍術不能用了)
小南 斑的術只能持續大約5分鐘
紙襲擊斑

小南 為了要殺你可是準備了6000億的起爆符呢...十分鐘內會接連不斷的爆炸
爆炸中...
(小南稍微回憶)斑 讓彌彥創立曉的正是我,給長門輪迴眼的也是我


彌彥和長門都是憑自己的意志行動的!我們不是你的棋子!是在那種形態下依據自己的意志戰鬥到死的!

所以 這意志是連在一起的!!不要妨礙它!!
爆炸結束 小南坐下不動 小南頭髮上的紙飾毀壞


小南(神的紙者之術解開了,不認為還需要留下查克拉,到這裡了)


斑 確實
斑在後面 真的死了麼?
在另一個地方,彌彥和長門睡在紙的花叢中紙花崩壞...


奄奄一息的小南 應該已經確定死亡了,那麼多次的(此處不明)這個方法的話,應該能打倒你的
宇智波斑:失去光芒為換來的能夠攻擊現實與虛幻的力量的禁術……和千手……只允許同時持有這兩者能力的人才能使用的瞳術!


小南 :和千手雙方…?這是 六道的力量 你竟然有這種力量……
斑曾今的夥伴 關於這份友情,多少也教給了我的身體,我的術
(伊奘諾尊)本來是你的說法,六道仙人運用萬物創造這件事,本來就是和千手
這兩個的始祖就是六道仙人,持有這兩種血和力量,創造出了一切
還原想像的精神能量,陰遁的力量 能夠從無創造出形
還原生命的精神力量,陽遁的力量 能夠給予形生命
尾獸們也是其中的一種…從十尾的查克拉,使用了陰陽遁,創造出了各種尾獸
能將想像和生命具體化的術 這就是伊奘諾尊
小南 你到底是什麼人?
宇智波斑:在世間的時候敗給了千手柱間……但是真相是怎麼樣的呢?真正的勝利者是最先佔據的那人…


真正的勝負現在才剛要開始…曾今的戰鬥是為了得到那傢伙的力量的東西,我得到了千手柱間的力量
第二個人是六道 現在唯一的存在 團藏被披露的不完全的伊奘諾尊並且駕馭不了柱間的力量
斑:差不多能見到長門了吧 去了那裡的兩人後悔的話就好了… 真的相信了鳴人的戲言,並沒有所謂真正的和平!不可能有什麼希望!只是對長門會相信鳴人的話感到悲傷,而來安慰自己的話罷了

小南(難道說我……)
回想 彌彥 長門成為了那傢伙製造和平之橋的男人 我的任務是成為這座橋的支柱
長門 他是架向和平的橋 這是他的意識 這就是我們的目的…鳴人…是你的話一定能…
斑沒有終止的被雨藏起來的雨啊……到底怎麼了?
小南站了起來 彌彥!長門!他們的意識不會消失!我也一樣相信鳴人!今後是由他(天空放晴了,太陽也出來了,彩虹也出來了)
小南 成為架起通向和平之橋的男人!!我是為了這成為橋柱!!
(謝謝了長門…犧牲了,給我了希望)我即使散落了也是花朵!在這裡你


小南雙手舉起用紙畫出了圓
斑擊打了小南的頭,你以為我是黑暗嗎 那樣的話,我就讓你枯萎吧,然後讓這座由七色的彩虹的橋在黑暗中消失吧 幻術結束的時候,你也完蛋了 告訴我輪迴眼的地方…
小南的意識,越來越模糊……


斑: 這裡是……
看起來像神殿的地方,彌彥和長門的屍體
坐在了長門的旁邊的斑 你就是第三人的六道啊…將象徵著漩渦一族的紅髮,變成白髮的能力……背叛,


還笑得出嗎…
向著和平的意識,而微笑著的長門……



510 まさかの禁術


マダラ、コナンの紙の中に落ちていく。
仮面を持ち時空間しようとするが、コナンの紙の起爆札がマダラを邪魔する。






コナン 時空間忍術は失敗のようね ただアナタの隣にいたわけじゃない
(あなたは己を吸い込む時 必ず実体化する そしてそれは自分以外のものをすいこむときより遅い)


マダラ 時空間で飛ぶのを辞めて 爆発をすり抜けるほうげシフトしなければ 確かにヤバかったかもな


(周りは起爆札… うかつに時空間はできない)


コナン (そしてマダラが物質をすり抜けていられる時間は約5分)

紙がマダラを襲い出す
コナン あなたを殺すために用意した6千億枚の起爆札… 10分間起爆し続ける


起爆中。。。。。
(コナンちょっと回想)マダラ 暁を弥彦に立ち上げるようにしむけたのはオレだ
輪廻眼を長門に与えたのも俺だ
弥彦も長門も己で動いた!彼らはアナタのコマなんかじゃない! そんな形であれ己の意思で戦って死んだ!
だからこそ その意志は繋がっている!! 邪魔はさせない!!


起爆終わりコナン座り込む コナンの髪の紙飾りが崩れる
コナン (神の紙者の術がとけた ここまでのチャクラが必要になるとはおもわなかったけど これで)
マダラは 確実に

マダラ背後から 死んだかな?






別の場所で弥彦と長門が紙の花の中で寝てる。
飾られてる紙花が崩れていく。。。






息絶え絶えコナン どうして確実に死んだはず なんどもシュミレーションして この手順ならアナタを倒せるはずなのに
マダラ イザナギ… 光を失うことと引き換えに幻と現実を繋げる事のできる うちはの禁術…
うちはと千手… この両方の力を持つ者だけが許される瞳術!
コナン うしはと千手の両方… ? それは 六道の力 アナタには そんな力は…
マダラ かつての仲間 そのよしみとして少しオレの術と オレ自身について教えてやろう
イザナギとは本来お前の言う 六道仙人の 万物創造 を応用した術の事だ もともとうちはと千手
その二つの始祖である六道仙人は その二つの血と力を持ち あらゆるものをつくった
想像を司る精神エネルギーを元とする 陰遁 の力 それを使って無から形を造り
生命を司る身体エネルギーを元とする 陽遁 の力 それをつかって形に命を吹き込む
尾獣達もその一つ… 十尾のチャクラから 陽陰遁(おんみょうとん)を使い各尾獣を創造した想像と生命を具現化する術  それが イザナギ
コナン アナタは 一体何者なの?
マダラ うちはマダラは世間で千手柱間に負けたとされている… しかして真実はどうなのか?勝者とは先を見据えた者…
本当の勝負はこれから… かつての戦いは奴の力を手に入れるためのもの オレは千手柱間の力を手に入れた うちはマダラ
二人目を六道にして 今は唯一の存在 柱間の力を制御できずに不完全なイザナギを披露した輩は数いたが…
コナン マダラから離れる
マダラ そろそろ長門に会えそうだな 向こうに行ったら二人で後悔するといい… ナルトの戯言に乗せられたことを
本当の平和などない! 希望など有りはしない! 長門はナルトを信じてる事で哀れだった自分を慰めたかっただけだ


コナン(! おれはまさか… )雨が小雨になる
回想 弥彦 長門はあいつは平和への架け橋になる男だ オレの役目はその橋を支える柱になることだ
長門 平和への架け橋は彼だよ 彼の意志そのものがね オレノ役目はここまでのようだ… ナルト… お前だったら本当に…
マダラやむことのない雨隠れの雨が… どういうことだ?
コナン立ち上がり 弥彦!長門!彼らの意志は消えない!私もナルトを信じてる!今度は彼が
(空が晴れ上がり太陽が出て虹も出てる)
コナン 平和への架け橋になる男だと!! そして私はそのための柱となる!!!
(ありがとう長門… 死んでなお私に希望をくれて!)私は散ってもいい花!ここでアナタを

コナン両手を挙げ紙が円を書く


マダラ コナンの首掴む お前は俺の事を闇だといったな ならオレがお前を枯れさせてやる そして七色に輝くこの虹の
架け橋とやらも闇の中に消してやろう 幻術をかけ終わった時お前も終わる 輪廻眼の場所を吐かせてからだがな…


コナン意識が遠のく。。。。






マダラ ここか…
神殿?みたいなところに弥彦と長門の亡骸が。
長門の隣に座るマダラ お前は三人目の六道… うずまき一族末裔の証である赤い髪が白に変色するほどの力を…
裏切ってなお笑うか…
紡がれる平和への意志に微笑む長門…
終わり★サーセイ!


avatar
萬歲秋
子爵
子爵

獅子座 文章數 : 2129
注冊日期 : 2009-11-27
年齡 : 27
來自 : 動漫基地

http://home.1796.com.tw/index.php?module=index&a

回頂端 向下

回頂端


 :: 鑑賞 :: 卡漫話題

 
這個論壇的權限:
無法 在這個版面回復文章